ゲストのマナー二次会編|プルメリアガーデンウェディング

menu close

WEDDING GUIDEウェディングガイド

ゲストのマナー二次会編

結婚式やその二次会で招待されたゲストがやってしまっているマナー違反は案外少なくありません。
悪気がないのがわかっているので周りの友人たちや、
ましてや新郎新婦からは注意できないということも。
当日恥をかかないためにも、二次会に出席する前にゲストとしての最低限のマナーを知っておきましょう。

どんな服で行けばいい?

どんな服で行けばいい?

招待状によく「平服でお越しください」と書かれていますが、これは普段着で行っても良いという意味ではありません。平服とは「略礼服」のことを差していて、つまりフォーマル服とは言わないまでも改まった場でも恥ずかしくないような服装のこと。
とはいえ二次会には特に正式な服装の決まりごとがないので、会場に合わせて選ぶと良いでしょう。
フォーマルな会場の場合、男性は黒やネイビーなど抑えた色のスーツやスリーピースが無難ですが、二次会なのでシャツやジャケットに柄が入っているのもおしゃれ。女性はフォーマルなワンピースが間違いありません。スタイリッシュなパンツスーツも二次会での着用なら歓迎されます。
カジュアルなレストランなどが会場の場合は、男性はデニムにジャケットなどノーネクタイでくずしたようなファッションでもOKなところがほとんど。女性は基本的にフォーマルな会場と同様、ワンピースやスーツが良いでしょう。

こんな服はNG

男性

白いスーツはもちろん、シルバーなど新郎の色である白に近い色みの服装はNGです。また、二次会だからといってTシャツやダメージ加工の服、サンダルやブーツなどラフ過ぎるファッションはマナー違反ですが、派手すぎるスーツやジャケットも避けましょう。
さらに、喪服を連想させるため黒いネクタイは使わない方がいいでしょう。逆にネクタイをしていなくてもポケットチーフなどでアクセントを付ければ、一気にパーティーっぽいファッションに仕上がります。

女性
女性

花嫁の色である白い服は言うまでもありませんが、他の色でもゴージャスなドレスなどを着て主役より目立つのはマナー違反です。また二次会とは言えお祝いの席なので、肌の露出が多い服装もふさわしくありません。迷ったら何か羽織るものを。
女性の場合は服以外にも注意が必要です。足元で言うと黒いストッキングやつま先の見える靴、手に持つバッグも大きすぎるものや動物の殺生を連想させる革素材などがマナー違反。さらにヘアスタイルも普段と同じではなく、たとえショートであっても美容院できちんとセットしたり華やかなヘアアクセサリーを飾ったり、お祝の場として意識することを心掛けましょう。

受付はスマートに

結婚式や披露宴とは違い、二次会の会費は袱紗(ふくさ)に包む必要はありません。受付で手間取って周りに迷惑になるので、袱紗で持ってくる方がむしろマナー違反。その場でお財布から出しましょう。
二次会においてはゲストが会場を出入りするのは自由。用事があって遅れたり、途中で退出するのも本来は問題ないのです。とはいっても、大人としては幹事にだけでも事前に伝えておくのが良いでしょう。

主役は新郎新婦

他のゲストがスピーチをしていたらきちんと聞いたり、ゲームや余興があればそれに参加して楽しんだり、出席している二次会を盛り上げることを心掛けましょう。仲間内だけでワイワイ盛り上がったり、仕事に繋げようと一生懸命名刺交換するのは大人の行動ではありません。それよりも歓談タイムは新郎新婦にお祝いの言葉をかけに行ってあげてください。
主役である新郎新婦がどういう二次会にしようとしているのか、それにふさわしい服装や振る舞いを心掛ければ、少なくともマナー違反をしてしまうようなことはないでしょう。

お役立ちコンテンツindexへ戻る