写真撮影を楽しくするアイテム|プルメリアガーデンウェディング

menu close

WEDDING GUIDEウェディングガイド

写真撮影を楽しくするアイテム

みんなで写真撮影をしている様子は、結婚式や2次会ではお馴染みの光景。
SNSなどに映えるフォトジェニックな写真をいかに残すか、ゲストのみなさんも真剣です。 しかし後日ゲストたちのSNSにアップされた写真を見てみると、
どれも同じポーズで似通ったものばかり…なんてことも珍しくありません。
ここでは、そんながっかりを防ぐ写真撮影のためのアイテム「フォトプロップス」についてご紹介します。

フォトプロップスとは

フォトプロップスとは

プロップス(props)とは英語で「小道具」という意味。つまり、フォトプロップスというのは「写真のための小道具」で、写真の楽しさを演出してくれるお役立ちアイテムです。海外では結婚式やパーティーでフォトプロップスを使うのは定番で、欧米のおしゃれ系ウェディングサイトなどを見ると必ずと言っていいほど使われています。
海外ではもちろん最近は日本でも専門サイトなどで販売もされていますが、紙とペンがあれば誰でも簡単に手作り可能。製作時間もさほどかからないので、多くのカップルが結婚式や2次会におしゃれなフォトプロップスを手作りして持ち込んでいます。

ウェディング向けフォトプロップス

アクセサリー型

持ち手の付いたフォトプロップスの定番といえばメガネやヒゲですが、何種類か用意しておくとゲストにも選択肢があるのでおすすめです。もちろん新郎新婦が使ってもOK。
さらにドレスアップしたゲストにぴったりなのが、シルクハットやリボン(蝶ネクタイ)、真っ赤な唇など。使いやすいデザインが好評です。

吹き出し型
吹き出し型

マンガの主人公がセリフを話しているような写真が撮れる吹き出し型のフォトプロップスも人気。新郎新婦の「Just Married」や、ゲストの「Congratulations」「LOVE」などが定番です。
新郎新婦の場合は、吹き出しをかたどらずにただの四角い画用紙やパネルで「Mr.」「Mrs.」と書いたものをそれぞれ持ったり、二人の間に「&」だけを挟んで持ったりするだけでも立派なフォトプロップスになります。



ガーランド型
ガーランド型

カラフルでポップな写真が仕上がるガーランドもおすすめです。吹き出しのように「Just Married」や「HAPPY WEDDING」など、カラフルな紙で簡単に手作りもできます。受付のちょっとしたスペースにガーランドを飾れば、あっという間におしゃれなフォトブースに大変身。ゲスト同士の写真にぴったりです。

手作りフォトプロップス

結婚式や2次会の当日はもちろん、後日振り返って見直した時や当日出席できなかった人たちが見ても楽しめる写真にしてくれるフォトプロップス。簡単に作ることができるので、ぜひご自身で作ってみてください。きっとオリジナリティーあふれる写真が演出できます。

手作りフォトプロップス
用意するもの
  • ・厚手の紙
  • ・プリンター(ダウンロードした時など)
  • ・ペン
  • ・はさみ/カッター
  • ・のり/セロテープ(マスキングテープ)
  • ・竹ひご/割りばし/ストロー(持ち手になるものなら何でも)
  • ・ひも(ガーランドを作るとき)


お役立ちコンテンツindexへ戻る