春にぴったりなウェディングブーケ|プルメリアガーデンウェディング

menu close

WEDDING GUIDEウェディングガイド

春にぴったりなウェディングブーケ

結婚式や2次会で花嫁さんが手にするブーケも、選び方は人それぞれ。好きな花を選んだり、誕生花や花言葉から選んだり。 どの選び方もステキですが、日本には美しい四季があるので、季節に合わせて花を選ぶのもおすすめです。 特に、ウェディングに最も人気のある春は一年のうちで最もたくさんの種類の花が咲く季節。清楚な白、可愛らしいピンク、明るい黄色…この時期の結婚式や2次会にぴったりの、春の花を使ったウェディングブーケを花言葉とともにご紹介します。

チューリップのブーケ

チューリップの花言葉:博愛、思いやり
王道の赤や白、黄色からピンクや紫、グラデーションまで、チューリップはカラーバリエーションが豊富なのでカラードレスともコーデしやすい花と言えますね。
花の形にもいろいろと種類があり、花びらがフリルのような形をしたフリンジチューリップや花びらの枚数が多いダブルチューリップ、個性的な形のパロットチューリップなど、選ぶのが楽しみ。

桜のブーケ

桜の花言葉:優雅な女性、精神の美
日本の春を象徴する桜の花。小さな桜の花をまとめたラウンドブーケは和の美しさを強調してくれるので、まさに和装ウェディングにぴったりです。
もちろんウェディングドレスに合わせてもおしゃれにキマります。華やかな大輪の花の周りに桜枝を入れればワンポイントとなり、繊細な美しさが演出できるでしょう。

マーガレットのブーケ

マーガレットの花言葉:真実の愛、信頼
まさにウェディングブーケにぴったりの花言葉を持つマーガレットは、可憐で清楚な少女をイメージさせます。
たとえばかすみ草と合わせて白でまとめると、同じ色でも形がまったく違う花同士お互いを引き立て合うナチュラルでおしゃれなブーケが出来上がります。

シャクヤクのブーケ

シャクヤクの花言葉:恥じらい、謙遜
大きくて華やかさのあるシャクヤクは、ウェディングブーケにも定番の豪華な花。白やピンク、赤、コーラルなど色もウェディングにぴったりなので、少し高価ですが人気があります。
昔から「立てばシャクヤク、座ればボタン、歩く姿はユリの花」と女性の美しさを表現する言葉にも使われていますね。

スズランのブーケ

スズランの花言葉:再び幸せが訪れる、純粋
ヨーロッパでは「聖母の涙」とも呼ばれるスズランは、まっ白で可憐な佇まいと香水にもよく使われる甘く優しい香りが魅力です。実は白以外にもピンクや赤のスズランもありますが、スズランはどれも意外と高価。
イギリスのキャサリン妃のウェディングブーケもたくさんの白いスズランをまとめたものでした。

お役立ちコンテンツindexへ戻る