夏に取り入れたいウェディグアイテム|プルメリアガーデンウェディング

menu close

WEDDING GUIDEウェディングガイド

夏に取り入れたいウェディグアイテム

仕事で長期休暇が取れる夏の結婚式や2次会は遠方のゲストを招きやすい時期ですが、何より暑さが厳しいのがネック。
渋谷も例外ではありません。
そんな暑さにも負けずにお祝いに駆けつけてくれたゲストのみなさんに、夏ならではのウェディングアイテムで楽しんでもらいましょう。
夏の結婚式や2次会に取り入れたい、季節のアイテムをご紹介します。

夏に取り入れたいウェディグアイテム

夏の花

夏の花

夏のウェディングには夏の花を。
代表的なものとしては、ビタミンカラーがまぶしいヒマワリやリゾート感を彷彿とさせるプルメリアなど。新婦のブーケや花冠にはもちろん、装花やペーパーアイテムのモチーフなど、花はいろいろなところで活躍してくれる最強アイテムです。

海の生き物

海の生き物

クジラやイルカをペーパーアイテムのモチーフにしたり、貝殻やヒトデでゲストのテーブルを飾ったり、材料は100均でも手に入るのでDIYに挑戦するのもいいですね。
ビーチウェディングやガーデンウェディングには貝殻で象ったシェルクラウンも涼しげでおしゃれ。

うちわ

オリジナルうちわでゲストに涼しい風を。
席札や席次表としてゲストのテーブルに置いておけば、一石二鳥のアイテムになります。プチギフトとしてもおすすめです。

浴衣

浴衣

日本人らしく、2次会のドレスコードを浴衣にしてみてはいかがでしょうか。ゲスト全員が浴衣姿なんて、なかなかレアな光景。みんなで歩けば渋谷の街でもきっと目立つことでしょう。
ただし、ドレスコード指定でもない限り、結婚式に呼ばれて浴衣で出席するのはマナー違反なのでお間違いなく。

ウェルカムスペース

受付前やゲスト待合室など、ウェルカムスペースに暑さ対策のアイテムを用意しておもてなししましょう。
冷え冷えのレモネードなどウェルカムドリンクや、ガーデンウェディングにはサングラスを大量に置いておいて、ゲストが自由に取れるようにしておくと喜ばれます。

演出

ゲストのみなさんは暑い屋外から入ってきます。披露宴や2次会の会場では見た目が涼しげな演出を取り入れるのがおすすめ。
ゲストテーブルの真ん中に装花ではなく水の入ったオブジェを置いたり、フラワーシャワーの代わりにシャボン玉を飛ばしたり、アイデア次第でいくらでもおしゃれな演出が可能です。

お役立ちコンテンツindexへ戻る