ガーデンウェディングでゲストが喜ぶポイントとシラケるポイント|プルメリアガーデンウェディング

menu close

WEDDING GUIDEウェディングガイド

ガーデンウェディングでゲストが喜ぶポイントとシラケるポイント

どんな新郎新婦でも結婚式や2次会といったウェディングパーティーは、自分たちだけでなくゲストにも楽しんでもらいたいもの。
特にガーデンウェディングを選ぶカップルの場合、結婚式のテーマや自分たちなりのこだわりがあって屋外のパーティーを選んでいるため、思い入れもなおさらです。
「良い結婚式だった」「自分のときもこんな2次会がいいな」と思われるガーデンウェディングがある一方で、残念ながら中にはゲストをシラケさせてしまうパーティーも。
ガーデンウェディングでゲストが喜ぶポイントと、シラケてしまうポイントをご紹介します。
渋谷で結婚式や2次会を予定しているカップルはぜひこれを読んで、失敗しないように注意しましょう。

夏に取り入れたいウェディグアイテム

ゲストが喜ぶポイント

夏の花

●アットホームで開放的
空や緑を感じられる開放感のあるスペースでの結婚式や2次会は、それだけで明るい雰囲気になるので、ゲストにとっても堅苦しさのないリラックスしたパーティーが楽しめます。
また、ガーデンウェディングではホテルや結婚式場のようなひな壇を作らないのが一般的なので、新郎新婦とゲストの距離が近くアットホームなところも喜ばれるポイントです。

●演出が屋外ならでは
新郎新婦がこだわる演出も、ゲストからはシラケた目で見られることが少なくありませんが、ガーデンウェディングの屋外ならではの演出はゲストにも好評です。
料理をすべてバーベキューで提供したり、ガーデンウェディング定番のバルーンリリースやシャボン玉を使ったりした演出は根強い人気。ナイトウェディングも屋外ならロマンチックなうえ、渋谷をはじめ都心の会場なら会社帰りに立ち寄れるとあって平日の開催でも歓迎されています。

ゲストがシラケるポイント

海の生き物

【暑さ・寒さ】
爽やかなガーデンウェディングには誰もが憧れると思いますが、どんな季節であっても予想以上に暑くなったり寒くなったりする恐れがあります。
秋の終わりごろまだ寒くない頃、もしくは春先の暖かくなり始めた頃、予想としては気持ちの良い気温のはずが、当日思ったより寒かった…ということも珍しくありません。逆に春の終わり頃や暦の上ではとっくに秋になっている頃に、予想以上に暑かった…なんてこともガーデンウェディングでは十分に考えられます。
寒さ対策にはゲスト用のブランケットを用意したり、暑い季節には思いきってナイトウェディングにしたりするのも良いでしょう。

【子ども・お年寄り】
ゲストといっても友人たちが中心の2次会などをガーデンウェディングにするのであれば立食でも問題ありませんが、結婚式自体をガーデンウェディングで予定しているのであれば、ゲストの負担を考えましょう。
年配者用にイスを多めに用意したり、乳幼児用の休憩スペースを作ったり、幅広い年齢のゲストが負担なく過ごせるような気遣いが必要です。

お役立ちコンテンツindexへ戻る